沖縄で評判のホームページ!タイトルや説明文変更で激変する

2019年11月25日

タイトルと説明文はホームページでビジネスをやっている会社にとって必須項目です。これ以上大事なものはありません。「マスト」です。あなたの会社のタイトルや説明文はどうなっていますか?検索してみてください。

タイトルでも売り上げに大きな差が出る

同じ沖縄そばのお店でもAとBでは順位に差が出ることがあります。また有名な沖縄そばのお店が1ページ目に入ってこないこともあります。 逆に無名の沖縄そばのお店が上位に入ってくるということもあります。

これによって無名のお店が売り上げをグングン伸ばすこともあり、いつの間にか大きく飛躍することがあります。これは業種を問わず同じようなことが起こっていることなのです。沖縄だけでなく全国、全世界で起きている現象です。

では、世の中ではあまり認知されていない小さなお店でも検索順位が上位に入るのはなぜなのでしょう。

正確なことを知っているのは検索エンジンの会社の一部だけです。しかし、対策はあります。どうすれば上位になるか?100%という保証はどこの会社でも持ち合わせていません。テクニックはありません。抽象的ですがユーザー目線を考えてユーザーが予想以上に満足できるページがそこにあればいいだけなのです。

これを忠実に実行していればホームページの順位は上がり会社やお店の売り上げにも大きな影響が出てきます。

ただ、検索エンジンの大手Googleは頻繁にホームページの検索基準を入れ替えていますのでなかなか期待通りにはなりません。そうなると運を天に任せるしか方法がないのかというとそうでもないのです。

タイトルと説明文はおろそかにできない

作ってそのままにしておけば、更新頻度が低いとか更新がないという理由もあって順位は徐々に下がってしまいます。

そのため「SEO対策」と呼ばれる順位を上昇させるための対策を行うことが重要です。しかし、そもそもホームページ制作に携わったことのない人は全く分からない分野だと思います。「SEO対策」と検索窓に入れると多くの「SEO対策」をうたった会社の広告が出てきます。

ここに頼めば順位は上位になって売り上げが徐々に上がってくるかというとそうでもないのです。SEO対策の会社は上位になることを完全に保証できません。しかしながらこうした「SEO対策」をうたった会社に依頼することなく上位表示することは不可能ではありません。より素直にホームページを作りこめば順位は上がることはあっても下がりづらくなります。

特に「沖縄」はキーワードとしてはかなり大きな影響があり、こうしたキーワードを「ビッグキーワード」と呼んでいます。確かに「沖縄そば おいしい店」や「那覇 沖縄そば」など「沖縄」を検索窓に入れることによりある程度絞り込まれます。さらに「そば」の代わりに「ステーキ」「お土産」「ダイビング」を入れると検索エンジンでユーザーはどんどん絞り込んでいきゴールに到達します。しかしそこに欲しい情報がなければすぐにいなくなってしまいます。

「沖縄」というキーワードだけを検索すると10億8千万ものホームページが出てきます。しかし1キーワードで検索する人はそう多くなく目的に合わせて2キーワードや3キーワードのユーザーがほとんどだと思います。

ではどうすれば2キーワードや3キーワードで自社のホームページが上位に食い込むことができるか?それはこれから書く「タイトル」と「説明文」が一番大事になります。

その他にも外部リンクの数やホームページの内容、ページのボリュームといった細かいところはあります。しかしせっかくいいページでもタイトルと説明文をおろそかにすると検索には引っ掛かりにくくなってしまいます。

ここをしっかり基準を決めて綿密なキーワードの組み合わせを入れ込めば検索順位は上がるはずです。

沖縄らしいタイトルと説明文の文字数。

タイトルが会社名だけとか商品名だけですとなかなか上位には食い込めません。最終的には売り上げに影響が出てきます。とにかく地域を意識している沖縄の企業やショップであればできるだけユーザー目線でタイトルを決めるべきです。そこには、「ちゅら」など県民であればだれでもわかるような単語を入れてもいいでしょう。(あくまで全国向けではなく県内向けのページの場合です)

ただ、ここで重要なのは県民にどれだけ浸透している単語かです。住まい周辺の人しかわからないような単語では意味がありません。より多くの県民に知られてた単語を使いましょう。

タイトルと説明文の文字数の基準は諸説ありますが、検索順位を上位にするための文字数にはSEO対策をうたっている企業によってかなり違いがります。

弊社ではタイトルの文字数は28以内、説明文は110以内と決めています。28文字であればパソコン・スマホとも検索エンジンのほとんどが1行で収まります。検索をしてみるとタイトルが1行に収まらず最後に「…」が付いているのをよく見かけます。文字数オーバーなのです。これではタイトルの意味がありません。正確にユーザーに伝わらないからです。

現在スマホのタイトルは2行まで可能でパソコンで検索して「…」が付いていてもスマホでは全て表示されることもある。しかし弊社の考える28文字以内であれば、パソコンでもスマホでも確実に同じタイトルで表示されます。

それでも注意が必要なことがあります。28文字というのはあくまで全角で、半角ではありません。また、タイトルを28文字にしても、自動的に会社名(店舗名)が付いてしまうことがあります。もし考えたタイトルが25文字の場合は3文字だけ会社名(店舗名)が出てきてしまいます。

自動的に会社名(店舗名)が出てくるのはあとで出てくるワードプレスの設定で多く見られます。ユーザーは会社名(店舗名)を検索して辿り着くのか?それとも商品やサービスを検索して辿り着くのかです。一番賢いのは商品名=会社名(店舗名)ですがこれはなかなかありません。何パーセントという数字はもっていませんが、中小企業であれば商品やサービスを検索して辿り着くユーザーのほうが多いでしょう。そうなるとタイトルには会社名(店舗名)を含めないほうがいいでしょう。

タイトル28文字以内

タイトルは28文字でなければならないわけではありません。28文字により近いタイトルを考えるべきです。

短すぎるとインパクトがない・物足りない感じはしますし、42文字まで行けるスマホでも長すぎてキーワードのイメージが分散してしまう恐れがあります。弊社では、あくまで28文字にこだわっています。

28文字までであればタイトルの内容をしっかりインパクトのある表現にできる数で、ユーザーにとっても長いタイトルを読むよりも楽に理解できます。ここにはコピーライティングなどクリエイティブは要素が必要になると思います。弊社では糸版得意な分野です。

これは非常に重要です。沖縄でグッとくるタイトルの効果的キャッチコピーを作るにはでも書いていますが、ユーザーはどんなキーワードで検索し、何を求めているか?を慎重に考えてタイトルを作っていかなければなりません。

あまりにもてーげーでタイトルを付けてしまうと全く効果のないホームページになってしまいます。

説明文110文字以内

タイトルと説明文は作り方が微妙に違います。説明文は検索エンジンの青いタイトルの下に出てくるグレーで細かい文書を指します。調べたことはありませんが、この説明文を全て読む人は1%以下ではないかと思います。

にもかかわらず、弊社は110文字にこだわっています。説明文の中にタイトルで考えたキーワードをちりばめて入れていくと一概には言えませんが順位は上がりやすくなります。なぜなら検索エンジンに掲載される説明文のキーワードが太くなっていたり黄色い背景が付いた文字になったりと大変目立つからです。

ユーザーは検索窓に入れたキーワードが説明文の中により多く入っているのを確認するとクリックすることが多いのです。説明文をおろそかにするとキーワードがあまり確認できずクリックされる確率が下がるわけです。そうなると結果的には順位がなかなか上がらないことになります。

県内の企業やショップを調べてみるとここまで考えてホームページを作っているところはあまり見られません。ホームページ制作会社自体のタイトルも意識していないところがあることはとても残念です。

タイトル説明文の確認方法

自社ホームページのタイトルがどのようになっているのかは、パソコンなら容易に確認できます。Googleクロームならどこでもいいのですが画面を右クリックすると「ページのソースを表示」インターネットエクスプローラーなら同じように右クリックすると「ソースの表示」が出てきます。そこを選択してみてください。

すると膨大な文字で書かれたページが現れます。これがホームページの正体です。この中から<title></title>の間に挟まった文書が検索エンジンに表示される貴社のタイトルで<meta name="description" content="〇〇〇〇・・・・"/>〇〇部分が説明文となります。

探しにくければ、膨大な文字のページの画面上どこでもいいのですがCtrlキーとFを同時に押してください。そうすると別に右上に検索窓が出てきます。そこにタイトルは<title>、説明文は meta name="description" と入れてエンターを押せば簡単に探すことができます。

また、スマホで確認することもできますが、小さくて見づらく、それでも見たいという方はこちらのページをお読みください。

豊見城の豊崎にある歯医者さん

豊見城の豊崎にある歯医者さんからホームページが検索エンジンに出てこないと相談を受けたことがあります。

この歯医者さんは自力でホームページを立ち上げ何とか患者さんを集めたいとの希望がありました。しかしご自身の歯医者の名前を検索窓に入れても、もっと多く3キーワード「豊見城 豊崎 歯医者名」と入れても出てきませんでした。

3キーワードで辿り着かないのはどう考えてもおかしいと思い、そのホームページを検証してみると、タイトルや説明文が全く入っていませんでした。SEO対策というよりその前の初歩的なところから自力でやっていくしかないと説明しました。時間がないなら外注も進めました。

自力でできるところまではやっていきたいとのことでしたのでまた後日ご相談ということになりました。

ブログの代名詞 ワードプレス

ワードプレス

この歯医者さんは、今や世界的な統一規格でブログアプリともいえる「ワードプレス(弊社も利用している)」を使ってホームページを作っていました。ここには先生の写真と自身で加工したという地図、歯医者の名前、住所、電話番号とあまりにもシンプルすぎる内容でした。

タイトルも説明文もなく、これでは順位が上がらないどころか検索エンジンに表示されない可能性だってあるのです。その後はこちらで助言し、最近ようやく検索エンジンには出てくるようになりましたが、まだまだ不安定で、いつ消えてもおかしくないような内容です。

仕事をやりながらワードプレスのホームページを作りこんでいくのは至難の業です。特にワードプレスはホームページの制作になれていない人が使うと非常に複雑でなかなか前に進まず、途中で諦めてしまう人が多くなっています。

ただ、ワードプレスでホームページを作りこむと、それなりに検索順位は上がりやすいのも事実です。ワードプレスはもともとSEO対策向きともいわれ、今ではページのデザインや用途に応じてカスタマイズがかなりできます。これを自由に扱えれば、デザインの作りこみや文書入力などがかなり楽になります。

一から始めるのは大変ですが、ホームページの制作会社にワードプレスを使ってほしいというだけでほとんどの会社は作ってくれると思います。このワードプレスでホームページを作るとタイトルや説明文(プラグインというワードプレスの中のアプリのようなものが必要)が簡単に入力できます。

また、タイトル入力窓があるので文字数も比較的簡単に計算できます。普段からブログを書いている企業やショップは、今後ワードプレスでブログだけでなく、ホームページを作って見るのもいいかと思います。

その際、特にトップページには沖縄でどんなことをやっていて何を見てもらいたいかをしっかりタイトルや説明文を文字数以内で入れるようにすることです。これだけでもやってみると順位はかなり変わってくると思います。

今まず始めることはタイトル・説明文をチェックです。そして思い通りのタイトルや説明文なら掲載後、順位をしっかりチェックして今後に役立てていただきたいと思います。テクニックより重要なことは素直に作りこんでいくことです。